スポンサーサイト

Posted by 助之丞くま on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納戸をお風呂に改修③

Posted by 助之丞くま on 01.2013
Category : Y邸改修
さてどのようにかわったのでしょうか?改修前と改修後の写真をご覧くださいませ!
下記写真の通りの納戸物入れスペースを解体し、浴室を新設し洗面所を広げ新しく使いやすくなった水回りをご案内いたします。

納戸物入改修前改修前

納戸スペースにユニットバスが配置されました。
TOTOユニットバスのホットカラリ床は歩くとふわふわして気持ちが良いです!
きれいなお風呂になりました!

ユニットバス1 TOTOの1717サイズのユニットバス

浴室乾燥機も取り付けました。これで梅雨時も安心です!
ユニットバス2

トイレ洗面スペースはどうなったでしょうか?

トイレ洗面改修前
改修前は、2階は独身時はお一人でお住まいの予定でしたので、トイレの中に小さな洗面所があるプランでした。


広くて使いやすい洗面化粧台に変わりました!
洗面 洗面化粧台
納戸の壁を解体し洗面所スペースを広げたことにより、大きな洗面化粧台が設置されたのです。

トイレ改修後 トイレ
トイレも独立した形になり、可愛らしい壁紙をはりイメージチェンジです。リビングに少し壁をずらしたことにより、洗濯機置場もできました。


洗濯置場洗濯場物置


今まで有効に使われていなかった場所を新しい住宅設備品等をうまく配置することにより居心地の良い快適な空間が形成されました!

お客様からもご希望通りの予算と工期で完了いたしましたので大変喜ばれました。

それにしても、お客様からお声をかけて頂き修行時代に自分が関わった建物に再び関われる喜びは良いものです。
お客様から『ありがとうございます。』と言われましたが、お陰様でこちらこそ、感謝・感謝です。
ありがとうございました。

家は年数がたつと住まい方が変わることによって適宜手を入れていくことが大切です。今後もお住まいのお引渡し後も末永くお付き合いをさせて頂きたいと思いますし、お声をかけて頂くように日々精進していきたいと思います。

まだまだ未熟な私ですが、自分に関わった人達と今後も末永いお付き合いをさせて頂くために何が大切かを気づかせて頂いた改修工事事例でした。


スポンサーサイト

納戸をお風呂に改修②

Posted by 助之丞くま on 30.2013
Category : Y邸改修
納戸を浴室へ変更する水回り改修工事の報告です。

リビングに60cmばかり壁を移動し洗面所も少し広げて、洗濯機置き場を作ります。

洗面入口

壁下地工事を行ないながら、水道配管の切り回し及び電気配線の引き直し等、壁の断熱材も隙間なく敷き詰めます。
浴室内壁断熱 浴室内  浴室入口断熱 浴室入口(洗面所内)
TOTOの1717サイズのユニットバスを組み立てます。壁下地工事も並行しておこないだんだん形が見えてきました。
ユニットバス組立 ユニットバス組立 浴室入口壁下地 壁下地 クロス貼り
和室入口ふさぎ和室入口ふさぎ 洗濯機置き場洗濯機置き場 

納戸の入り口も壁を新設してふさぎました。洗面所内に洗濯機置場もでき、内装クロスが仕上がり洗面化粧台の搬入を待ちます。

リビング吹き抜けにサッシも取り付け防音対策もいたし、寝室にもクローゼットもつくり物入れスペースを増やしました。

防音サッシ1 防音サッシ 
クローゼット1施工前クローゼット2下地工事 
クローゼット4 建具取付 建具取り付け

リビング建具
クリーニング1

建具を取付完了です。さて納戸と洗面所がどのようにかわったのでしょうか?

納戸をお風呂に改修・・・

Posted by 助之丞くま on 29.2013
Category : Y邸改修
27年前に家を新築して以来、時々ご訪問して色々とメンテナンスをやらせていただいているお客様の長男様から電話連絡が入りました。

山下邸竣工時 27年前の竣工時写真

お母様が高齢でありますので、一瞬ドキリといたしましたが、よくよくお話しをお聞き致しますと、同居を考えているとのこと、それに伴い家の改修プランのご相談です。
予算にも限りがあり、工期もないということで早速駆けつけました。

2階平面 矩計図 
同居にあたり、夫婦で2階に住むにあたって、2階に設置してある洗面所とトイレを広く使いやすいようにしたい、そして2階にも浴室を設けたいとの要望です。
自分が修行時代に設計及建築に関わった建物であり、思い出深い建物です。
お声をかけて頂いた嬉しさもありますが、私も27年も前のことなので記憶が定かでありませんし、いい加減なプランの提示もできません。
ゆえに改修プラン作成に伴い建物の調査が必要であることを説明し、ご承諾を頂いてから詳しい調査を行いました。
屋根裏調査

懐かしい手書きの図面と契約書を預かり、建物調査をおこないました。
現場調査を行いながら色々な事柄を思い出し、懐かしみながらの建物調査です。
調査
お客様と何回か設計提案の打ち合わせを済まし、いよいよ改修工事スタートです。


改修前納戸改修前納戸
改修前トイレ改修前トイレ
上の写真は改修前の納戸とトイレです。

この場所に浴室と洗面所、そしてトイレと洗濯場をつくります。
さて、どのようにリノベーションされるのでしょうか?

その前に、まず丁寧に解体作業を行います。慎重に丁寧に行い補強すべきところはしっかり補強します。
補強1 解体1  解体2 
ユニットバスが入る場所は、床梁を念入りに補強し、床合板も2重に貼ります。
補強3 補強2 解体
洗面所も広げるため、台所スペースに壁を少しずらして造ります。解体補強工事も終わり。これからどのように変わっていくか報告していきたいと思います。





 HOME 

プロフィール

助之丞くま

Author:助之丞くま
居心地の良い空間を探せ!
普段から一級建築士として、バリアフリー・ユニバーサルデザイン、景観形成、防犯・防災まちづくり、そんな言葉をキーワードに携え居心地の良い空間を創るお手伝いをする活動をしています。

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。